2014年11月13日木曜日

巨匠との再会

1112日、私の友人であり尊敬する音楽家の一人、バリトンの北村哲朗さんがシューベルト「冬の旅」を歌い、私は舞台監督を務めさせていただきました。この日、ピアノを担当したのがパウル・バドゥラ=スコダ、フリードリヒ・グルダとともに“ウィーン三羽烏”と讃えられたイエルク・デムス氏。今年で86歳となる巨匠です。デムス先生とは2006年のモーツァルト生誕250年メモリアル・イヤーに私がプロデュースした《7人のピアニストによるモーツァルト・ピアノソナタ全曲演奏会》にご出演いただいて以来の再会でした。年齢からくる体力的な衰えは感じられるものの、ひとたびピアノの前に座れば、芳醇な湧水のように音楽があふれ出すのです。その柔らかくも粒立ちの良い音は、どんな言葉をもっても表現できません。調律直後に僅かばかりの関係者がいるなか、先生の弾き始めたショパンの舟歌は夢のような時空間を作り上げたのです。ああ、ここに居て幸せだなあと心から感じてしまう、まさに巨匠にしかなし得ない奇跡の瞬間。北村さんとの直前プローベでは、最終曲「辻音楽師」の歌い方をより淡々と、朴訥に、話すようにした方がいいとデムス先生からアドバイスがありました。北村さんが素晴らしいベルベットのような響きを犠牲にして、とつとつ語り出すと、「辻音楽師」が広漠とした情景となって目の前に立ち現われたのです。その世界観の変わりようといったら!素晴らしき競演。本当にこの夜のお客様はかけがえのない音楽の世界を堪能されたと思います。盛会の演奏会が終わり、関係者で夕食をとりました。まだまだ食欲も旺盛なデムス先生。サラダ、メインと召しあがった後、ストロベリーパフェを美味しそうに食べていた姿がとてもチャーミングでした。
終演後のステージにて