2016年10月17日月曜日

多忙な日曜日

暖かく気持ちのいい日曜日でした。午後は、妹の武蔵野音大のピアノの恩師、故川﨑隆先生の奥様、川﨑周子先生のリサイタルに行きました。隆先生が亡くなってお気持ちを落とされていたと思いますが、ピアノがまた周子先生に力を授けたのだと思います。隆先生のお弟子さんと弾く連弾や、ソロの曲、そのどれもが誠実で、力強い悦びに満ちた音楽でした。周子先生、素晴らしかったです。でも、ワルツ「南国のばら」を弾き終えて、「あー、ワルツじゃなくて盆踊りになっちゃった!!」と言って私のところへ来るのは、ほかのお客様が???となるので勘弁してください。終演後のごあいさつもそこそこに、中央線に飛び乗って、夜はルネこだいら中ホールにて、女声アンサンブル・ラークの総練習に立ちあいました。借りている時間枠が18時~22時というタイトなスケジュール。そのなかで、ひな壇を仕込んで、場当たりをやって、全曲通して、全部バラして…細心の交通整理でどうにか稽古を進めました。今回は自分で表に出て、司会進行までやるものですから、これが私には殊のほか重荷。稽古終わりはくたくたで、北村先生と拙宅近所の「サイゼリア」にて、遅い夕食をとりながらの反省会。先生と、なんだか毎日会ってますね、と笑いながら好物のボロネーゼを食べました。
川﨑周子先生リサイタルまもなく開演

ラークのGP、交通整理の腕の見せどころ

0 件のコメント:

コメントを投稿