2016年10月31日月曜日

ガレリア座 お祭りに出る


お祭りといっても、日ごろ、活動をしている会館のお祭りのこと。毎年、トリを務めさせていただいております。私は昨日のラークの本番に続いてなので少々疲れ気味でございました。でも、ガレリア座メンバーは皆、精一杯、「フィガロの結婚」を歌い演じてくれました。打上げの時、話題になったのは、どうして「フィガロ」なの?こんな短い練習期間しかないのに、どうして私が一番好きなオペラをパパッとやっちゃおうって気になったのか?という点でした。私はガレリア座の本公演でモーツァルトをやらないと昔から宣言してきました。どうせ、アマチュアがやっても下手がバレるだけだから。これは私にとっての本当の理由です。だからガレリア座は有名オペラに手をつけません。でも、遊びならいいかな。もちろん真剣に手を抜かずに遊びます。とすると、ひと月で十分。三か月やっても発声や、根本の音楽性には手が付かないし、その意味では4週か12週かは大きく違わない、それが私の結論です。でもひと月が、真剣に考えたり、創意工夫したりするのに短すぎるわけではありません。実際、今回出演したメンバーは皆、それを実践していましたから。成長するガレリア座がここにもありました。
 スザンナとマルチェリーナ けんかの二重唱
 スザンナが衣装部屋から出てきて伯爵夫妻はびっくり
 第2幕フィナーレ アントニオが証拠の品を伯爵に渡す
第2幕フィナーレ モーツァルト得意の大アンサンブルとなる七重唱

0 件のコメント:

コメントを投稿