2016年11月4日金曜日

ぜいたくな一日


振替休日をとった11月4日。久々に舞台と離れた休息の一日となりました。ちょっといつもより寝坊して、午前中に用事を済ませ、昼前に東村山まで日本酒を買いに参ります。先日、お気に入りの神楽坂の居酒屋で飲んだ東村山の地酒。家の近くに美味しい日本酒の蔵があるなんて。これは行かねばなりますまい。オーストリアの友人と、妹夫妻と、自分の分と、3本の4合瓶を買い込んだら、酒粕までサービスにつけてくれました。その足で、遅い昼ごはんを食べに、中央高速を山梨県へ走ります。目指すは吉田のうどん。以前は都留の学校へオペラの授業をしに行っていたので、ほぼ毎週食していました。麺のコシがハンパなく、ぶっとい田舎うどんは一度食べたら病みつきになります。国道沿いの「うどんの駅」で大盛りを注文。辛味噌を入れて、大汗をかきながら、がっつきました。うーん、美味であります。口直しは、都留にあるコーヒーの名店バンカムでフレンチの苦みの効いた一杯。帰途に立ち寄った談合坂の紅葉が美しく、秋晴れの一日を満喫しました。
 国道沿いの「うどんの駅」
 吉田うどんはキャベツと馬肉とコシの強い麺が特徴
 山の奥の方は少し色づいていました
 談合坂の紅葉はなかなか



2016年11月1日火曜日

老舗の味わい

といっても食べ物屋の話ではありません。末吉嘉子先生が指導されている女声合唱団ジューンエコーの結成35周年記念コンサートのお手伝いに伺いました。末吉先生とは公私ともに長いお付き合いですし、ガレリア座20周年コンサートにも助演していただいた、関係の深い合唱団です。私は本番がこれで3日続くので、いささかくたびれておりました。舞台監督ではなく、お手伝いだったのが幸いです。ガレリア座より10年以上も先輩の団体ですので、みなさん家族のような温かさ、穏やかさがあります。でも先生の指導は厳しく、もっと声を出しなさい、しっかり歌いなさいと叱咤します。楽しさのなかにも、この厳しさこそが長続きの原因なのでしょう。声楽を勉強する人なら必ず通る「コンコーネ」ですが、これ、作曲家の名前です。そのコンコーネ作曲のミサ曲というオルガン伴奏のたいへん珍しく、そしてとても可愛らしい作品の演奏が私には印象的でした。これからも末永く活動していっていただきたいグループです。
舞台袖にて舞台をサポート
かわいらしいコンコーネ作曲のミサ曲